香港で半年以上生活していました。

香港で半年以上生活していました。

片言の英語で生活していました。商品を選ぶときにはディス ワン プリーズ でとおしました。英語力はありましたが、なかなか言葉にするのが難しくて単語の羅列が多かったです。

服を選ぶときもいろいろ試してみたかったのですが、試着が難しくて身振り手振りで応対してもらっていました。スモールサイズプリーズとかアナダーカラープリーズとか言っていました。ディスカウントプリーズといってまけてもらったりもしました。

とにかく香港の言葉広東語がよくわからずに大変こまりました。現地語で話されるとちんぷんかんぷんでした。北京語は少しできたので、中国語は少しわかりました。無理やり北京語で通したりとか、英語をしゃべったりとか、日本語でまくし立てて無理やりおしとおしたりしました。ホテルにとまっていましたが、ホテルでは日本語スタッフを呼んでもらって対応してもらったりしました。英語は多少わかるので、会話になりました。ホテルなど日本語スタッフのいるところは便利でした。広東語で会話されると手を大きくあげてわからないという身振りをしました。とにかく広東語は難しかったです。4声になれていたので、5声の発音の難しさは格別でした。とにかく言葉が通じずこまったことがありました。タクシーに乗っていたときのことです。英語が少ししかわからない運転手さんでした。行き先が伝わりません。何度もいい返しました。それでもだめで、途中でタクシーを降り、乗り換えました。とても単語が難しく行き先が伝わらなかったのはとても残念でした。テーマパークでは英語が通じました。香港ディズニーランドには何度も行きました。英語が通じてとてもよかったです。解説も英語と北京語と広東語とわかれていました。わざと広東語の解説を聞いてみてその難しさに舌を巻きました。何度か訪れたので、わざと広東語の解説を聞いたのです。北京語はわかりやすかったです。英語の解説が一番よかったです。

そのほか、誰にも言えない事は借金をしていたことです。ビジネスを自分で起こし支払いに行き詰ってローンを組んで支払いをしてます。※即日融資でビジネスローンを組む

今でも借金は残っていて返済に追われています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>